審美・ホワイトニング

審美・ホワイトニング

審美歯科とは

審美歯科とは、虫歯や歯周病といった「歯の病気」の治療とは少し異なります。
欠けてしまった歯並びや歯の色などを整え、審美性(見た目)を回復させ、より美しい口元を作る治療です。
気になる部分の歯を削り、人工の歯を装着することで自然の歯に近い、
白く美しい歯を手に入れることができます。
金属を使用しない素材を装着すれば年月がたっても黒ずみしません。

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは、特別な薬剤を歯の表面に塗布して歯を白くする審美的な治療法です。
歯の着色は、タバコのヤニやコーヒー、損傷によるもの、
加齢の影響など様々な要因が挙げられます。
過酸化物による歯のホワイトニングは歯に付着している有機成分を分解し、
歯の構造や歯質を変えずに安全に歯を白くします。
  ホワイトニングには、自宅で行う低濃度ジェルによるホームホワイトニングと
歯科医院で行う高濃度のジェルを使用するオフィスホワイトニングがあります。
片方のみでも治療は可能ですが、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを同時に行っていただくとより良い効果が得られます。 
医院で行うホワイトニング治療の流れとしては、
歯科医師が歯のチェックと着色の進行度・原因を診断します。
その後、ホワイトニング材を歯に塗布し、専用のライトを照射します。
これを2~3回繰り返し、最後にホワイトニング材を落とし、清掃して最終チェックを行います。
クラウンやインレーをしていてはホワイトニングは実施できませんので、ホワイトニングをした後に差し替える場合もあります。